管理用

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

profile

categories

archives

My Tweets

skyscanner

gremz

blogram


blogramのブログランキング

Price

制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版

新品価格
¥2,700から
(2015/2/25 11:54時点)

永井豪 美少女マンガコレクション Go-Go Girls! 1968-73

新品価格
¥3,024から
(2014/11/25 13:31時点)

快進撃のミュージック

新品価格
¥2,999から
(2016/8/11 13:15時点)

邦訳タイ漫画がKindleで販売

来月バンコクでBook Expo Thailandがあるので、ネットでタイの出版社のサイトをいくつかまわって新刊本をチェックしていたら、Let'sComicのサイトで、Japanese Versionの文字が!ついに日本語版が出版されるのかと。
出版されるのは、EAKASIT THAIRAATの『MY MANIA』シリーズとTheerayu Srethapakdiの『LOVE ON 20 PAGE』シリーズの日本語版がKindle版で発売。お値段も各巻300円でリーズナブル。思わずポッチとしそうになった(いま使ってるAndoroidタブレットの調子が悪いのでとどまった)。
内容は、オリジナルのコミックスを丸々訳したものではなく、『MY MANIA』シリーズは数話ずつに再構成されている。
MY MANIA
 

MY MANIA 1 (Nansei MEDIA)

『MY MANIA 1』
著者:EAKASIT THAIRAAT
翻訳:SパスN,具志綾乃
価格:300円
収録作品
「CASE STUDY」
「THE 13 QUIZ SHOW」
「SKECHER」

MY MANIA 2 (Nansei MEDIA)

『MY MANIA 2』
著者:EAKASIT THAIRAAT
翻訳:SパスN,具志綾乃
価格:300円
収録作品
「プレゼント」
「クメールの微笑」

MY MANIA 3 (Nansei MEDIA)

『MY MANIA 3』
著者:EAKASIT THAIRAAT
翻訳:SパスN,沖田民行
価格:300円
収録作品
「THE BIO RIDER」
「ルームシェア」
「プレゼント」

MY MANIA 4 (Nansei MEDIA)

『MY MANIA 4』
著者:EAKASIT THAIRAAT
翻訳:SパスN,沖田民行
価格:300円
収録作品
「My...」
「返して」
「ICE-T.COM」

 
LOVE ON 20 PAGE
 

Love on 20 pages 1 (Nansei MEDIA)

『LOVE ON 20 PAGE 1』
著者:Theerayu Srethapakdi
翻訳:Rojawan Vorasanon,徳元大也
価格:300円
収録作品
「誕生日とカギ」
「平行線の夫婦」
「幼馴染」
「親と子のはなし」

Love on 20 pages 2 (Nansei MEDIA)

『LOVE ON 20 PAGE 2』
著者:Theerayu Srethapakdi
翻訳:Rojawan Vorasanon,徳元大也
価格:300円
収録作品
「あの人の思い出―前編」
「あの人の思い出―後編」
「右と左のドタバタ」

『HOW TO MAKE COMICS』

新年最初に紹介する本はインドネシアで買ってきた漫画の描き方本。
HOW TO MAKE COMIC 『HOW TO MAKE COMICS』
著者:Hikmat Darmawan
出版:Plot Point
初版:2012年
ISBN:9786029481099
価格:Rp.69,000
サイズ:171×240
頁数:216頁

2012年のジャカルタブックフェアで購入。
「漫画の描き方」の解説書はアジア各地でよく見かける。とくに中文の書籍が多いのだが、たいてい中身はいまはやりのアニメキャラ風の「絵の描き方」ばかりで、日本の翻訳本から現地の漫画家やイラストレーター作品を使った書き方本など、数が多くて把握しきれない。

まぁ、その手の本はお腹いっぱいなので、あまり興味がないのだが、たまたまジャカルタブックフェアで手に取ったこの本は、古今東西、著名な漫画家の作品を例に挙げながら、漫画のコマ割にこだわって漫画の描き方を解説しているようだ(インドネシア語の本なので、正確な内容はわからないが、漫画の本質をついてるっぽいハウツー本だ)。

著者は、映画や漫画の大衆文化と視覚文化の研究者ということで、書名も「How to make comic」なので正確には、「漫画の描き方」ではなく「漫画の作り方」の解説書ということか。

 

マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)

新品価格
¥500から
(2014/1/18 14:06時点)


『小強』

マレーシア中文漫画協会つづきでもう一冊。
小強 『小強』
著者:マレーシア中文漫画協会
出版:青蘋果工作室
初版:2011年
ISBN:9789833860593
価格:RM15.00
サイズ:145×203
頁数:184頁

これは、ブックフェアではなく、チャイナタウンの本屋さんで見かけて購入した。最初手にとったときは、買うのをちょっと躊躇してしまった。「小強」てのは中国語で「ごきぶり」のこと。ゴキブリをテーマにした漫画本なのだ。
うーん。としばらく考え、「買わずに後悔するより、買って後悔しろ」ということで、ゴキブリ漫画をもってレジへ。

内容は、22人の漫画家による「ごきぶり」をテーマにした漫画作品。それと2010年から2011年のマレーシア中文漫画協会の活動報告。
それにしてもどういう経緯で「ごきぶり」がテーマに選ばれたんだろう。

協会の活動報告の中には、東日本大震災のチャリティー活動のようすなども掲載されていた。トリマカシー!
『小強』

『馬来西亜漫画協会会刊vol.2』

本棚を新調したおかげで、地層と化していた家中に平積みされていた本の中から発掘された本を紹介してきたが、前回『馬来西亜漫画協会紀念会刊2009』を紹介したついでに、そのとき一緒に買った『馬来西亜漫画協会会刊vol.2』も紹介しようと探したが、この本は、平積みされた本の地層の中ではなく、ちゃんとカラーボックスにしまってあった。
 
馬来西亜漫画協会会刊vol.2 『馬来西亜漫画協会会刊vol.2』
著者:マレーシア中文漫画協会
出版:青蘋果工作室
初版:2010年
ISBN:9789833860128
価格:RM20.00
サイズ:185×260
頁数:132頁

この本は、マレーシアで開催された2010年の書香 国際中文書展ど同時開催された動漫節で『馬来西亜漫画協会紀念会刊2009』とセットで購入した。価格は30RMだった。
内容は、2009年に正式発足したマレーシア中文漫画協会の1年間の活動報告と「童年(少年時代)」をテーマにした46人の漫画家の作品(1頁)と漫画家紹介が掲載されている。
前号では、「馬来西亜漫画協会」となっていたが、この号では「馬来西亜中文漫画協会」となっている。
リンク 马来西亚漫画协会(FaceBook)

マレーシアには「PeKOMIK(Persatuan Pengiat dan Pelukis Komik Malaysia)」というマレーシア漫画協会がすでに存在するので、マレーシア中文漫画の協会ということになったのだろうか。ちなみにPeKOMIKは2007年設立。
リンク PeKOMIK(http://pekomik.blogspot.jp/

『馬来西亜漫画協会紀念会刊2009』

先日本棚を新調したおかげで、家中に平積みされた本や雑誌が少し片付き、地層と化していた冊子の中から発掘された本を紹介している。香港、タイにつづいてマレーシアで買った冊子がでてきた。
馬来西亜漫画協会紀念会刊2009 『馬来西亜漫画協会紀念会刊2009』
著者:マレーシア中文漫画協会
出版:青蘋果工作室
初版:2009年
ISBN:
価格:
サイズ:A4判
頁数:144頁

本書は2010年マレーシアで開催された第12回書香 国際中文書展と同時開催の動漫節に出展していたマレーシア漫画協会のブースで購入した。2010年に発行された第2号と同時購入で30RMだった。いっしょに買った2号はサイズが違うため、保管場所が違ったようでいっしょに発掘されなかった…。いずれでてきたら紹介しよう。
本書には定価やISBNの記載がない。書店販売でなくイベント販売用だったのだろうか。
第12回書香国際中文書展

内容はマレーシアの漫画発展史(1980年代以降)とマレーシア漫画協会成立過程が写真を中心に綴られている。それと58名のマレーシア漫画家の作品が掲載されている。本書によれば、2008年11月はマレーシア漫画界最大の改革を迎えたとある。マレーシア漫画協会の設立が呼びかけられ、翌年2009年5月に正式発足した。

巻末にサイン頁があり、マレーシア漫画協会のブースで売り子をしていた漫画家さんに買ったその場でサインを書いてもらった。阿龍龍という漫画家さんだった。

 


free counters