管理用

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

profile

categories

archives

My Tweets

gremz

blogram


blogramのブログランキング

Price

制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版

新品価格
¥2,700から
(2015/2/25 11:54時点)

永井豪 美少女マンガコレクション Go-Go Girls! 1968-73

新品価格
¥3,024から
(2014/11/25 13:31時点)

中島かずきのマンガ語り

新品価格
¥1,296から
(2017/12/8 13:50時点)

快進撃のミュージック

新品価格
¥2,999から
(2016/8/11 13:15時点)

22th Book Expo Thailand 2017

10月18日から12日間にわたって、バンコクのQueen Sirikit Nstional Convention CenterでBook Expo Thailand が開催される。

参加団体、出版社等は389以上、出典ブースは939ブース。

予想入場者数は約150万人。

22th Book Expo Thailand 2017


22th Book Expo Thailand 2017 
カレンダー 会期:2017年10月18日〜10月29日(10:00-21:00)
ビル 会場:QSNCC(Queen Sirikit National Convention Center
お金 入場無料
URL www.pubat.or.th

 

開催期間中、25日から5日間前国王の国葬が行われる。


ハノイ「Hoan Kiem Lake Hotel」

今回クアラルンプール国際ブックフェアへは、羽田空港からベトナム航空を利用してハノイ経由でクアラルンプールへ行くことになった。ハノイの乗り継ぎは、夜到着して翌日昼にハノイを出発する便のため、ハノイで1泊することになった。ちなみに復路はホーチミン経由でほぼ同日乗り継ぎ(ほぼというのは、厳密には成田往き0:50の深夜便なので日付をまたいでいるのだが…)ベトナムのビザ無し入国の規定が変更され、ビザ無しの場合30日間以内の再入国ができなくなったため、このようなフライトになった。

 

前置きが長くなった。で結局ハノイ市内には夜到着して一泊して翌日空港へはお昼過ぎくらいに戻ればいいので、ちょっと時間があるので、せっかくならハノイの書店を見て回ってから空港へ戻りたい。

実はベトナムはホーチミンしか行ったことがなく、ハノイは初めてということで、すべてぐーぐる頼りである。ホアンキエム湖南側にトランティエン書店というハノイでは老舗の書店があるらしいのと、その近くに本屋が集まっているということ。また昨年、メリアハノイホテル近くに、新たな書店ストリートが作られたという情報もあった。

メリアハノイホテル前は空港からの市内バスのバス停になっている。

 

ということで、空港へのアクセスと書店の位置を考慮して旧市街ホアンキエム湖周辺で宿を探す。

 

Hoan Kiem Lake Hotel map

 

Hoan Kiem Lake Hotel

ビル 29 Hang trong Street, Hoan Kiem District, Hoan Kiem District, Hanoi, Vietnam

 

 

ホアンキエム湖近くのHoan Kiem Lake Hotelに決めた。決め手は立地と値段で選んだ。

今回もホテルズコンバインドで探してAgodaで予約した。宿泊費は1泊1,620円(朝食込)だった。

 

Hoan Kiem Lake Hotel

ホテルの間口は狭く、夜だとつい見落としてしまいそうだった。しかも外観の看板には「Hoan Kiem Lake Hostel」とある。レセプションの看板はしっかり「Hoan Kiem Lake Ho tel」に修正されてるようだ。

Hoan Kiem Lake Hotel

ホテルにチェックインしたのは10時近かった。Agodaのバウチャーとパスポートを提示する。パスポートはレセプションに預ける。

部屋は2階だった。エレベーターがないので、2階でよかった。

 


ハノイで書店めぐり

4月27日(28日)からはじまるクアラルンプール国際ブックフェアへ向かう途中、ハノイで1泊トランジットした。市内で1泊して空港に戻る途中に本屋に立ち寄ることにした。

 

実はハノイははじめてで土地勘が全くなかったのだが、一応ぐーぐるまっぷを頼りに、空港からのアクセスと、本屋の近くということで宿泊エリアを旧市街エリア、ホアンキエム湖周辺を選んだ。

 

ハノイで有名らしいTrang Tien書店という大型書店がホアンキエム湖南側にあってそのエリアに書店が集中しているとのこと。

 

空港からは86番の市内バスでハノイ市内へ向かう。ハノイ市内に到着したときはすでに夜10時半すぎだった。昨年12月に書店ストリートができたというネットの記事を見たので、わざわざ書店街を通ってホテルへ向かったのだが、書店街は現在通り全体が工事中のようだった。

ハノイの書店通り

 

翌朝、ホテルで朝食を済ませて、チェックアウトしてTrang Tien書店を目指す。

 

Trang Tien Bookstore

 

1Fがベトナム書籍、2Fが海外書籍と文具等。入ってすぐにロッカーにリュックを入れて、店内へ。

 

Trang Tien Bookstore

 

Trang Tien書店のあるエリアの裏側に小さい書店が何軒も集中している。

 

ハノイの書店

 


バンコク「i Check Inn Sukhumvit22」

i Check Inn Sukhumvit22

 

最近はホテルズコンバインドを利用してホテルを探す。料金優先で捜すと結局Agodaになってしまうのだが(笑)

今回もブックフェア会場のQSNCC近くで宿を探す。前回利用したThe Mix Bangkok - Phrom Phongは立地的にはベスト。もう少し設備がよければ、申し分ないのだが…。

今回は3泊(昨年は5泊だった)と宿泊日数も少ないので、少し予算は高めに設定。今回利用したi Check Inn Sukhumvit22は、The Mix Bangkok - Phrom Phongとは道(Soi Sukhumvit 22)を挟んですぐ近くと立地は申し分ない。価格は、Agodaで予約もろもろの割引でスーペリアルームが3泊で7,559円だった。

ちなみにAgodaのページには正価10,000THBとある。これは二重価格だろ。公式サイトにも5,000THBと出てる。ホテル入口ののぼりには"FROM 1,199THB"とあった…。

i Check Innは、タイの各所にチェーン展開しているホテルで、スクンビット周辺に何軒もあるようだ。

 

今回はフライトが遅れて、夜10時半過ぎにチェックイン。チェックイン時にデポジット500THBが必要。

 

i Check Inn Sukhumvit22

部屋は明るく清潔な印象。

トイレ、シャワー、エアコン、壁掛け液晶テレビ(ケーブルch)、電気ケトル、ミニバー(冷蔵庫)、FreeWiFi、クローゼット、セキュリティボックス。

鍵はカードキー。WiFiは感度良好。

アメニティは、タオル、シャンプー、ボディソープ。歯磨きセットと髭剃りは有料。

ミニバーが、ありスナックやカップ麺、冷蔵庫には各種ビールやソフトドリンクがあった。

またボトルウォーター2本は無料サービス。

i Check Inn

 

i Check Inn Sukhumvit22

ビル318,318/1 Soi Sainamthip(Sukhumvit Soi 22), Sukhumvit, Bangkok 10110, Thailand.

URL www.icheckinn.com

next予約:i Check Inn Sukhumvit22 (Agoda)

 

iCheckInn map



free counters