管理用

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

categories

archives

My Tweets

gremz

blogram


blogramのブログランキング

Price

制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版

新品価格
¥2,700から
(2015/2/25 11:54時点)

永井豪 美少女マンガコレクション Go-Go Girls! 1968-73

新品価格
¥3,024から
(2014/11/25 13:31時点)

中島かずきのマンガ語り

新品価格
¥1,296から
(2017/12/8 13:50時点)

快進撃のミュージック

新品価格
¥2,999から
(2016/8/11 13:15時点)

バンコク「i Check Inn Sukhumvit22」

i Check Inn Sukhumvit22

 

最近はホテルズコンバインドを利用してホテルを探す。料金優先で捜すと結局Agodaになってしまうのだが(笑)

今回もブックフェア会場のQSNCC近くで宿を探す。前回利用したThe Mix Bangkok - Phrom Phongは立地的にはベスト。もう少し設備がよければ、申し分ないのだが…。

今回は3泊(昨年は5泊だった)と宿泊日数も少ないので、少し予算は高めに設定。今回利用したi Check Inn Sukhumvit22は、The Mix Bangkok - Phrom Phongとは道(Soi Sukhumvit 22)を挟んですぐ近くと立地は申し分ない。価格は、Agodaで予約もろもろの割引でスーペリアルームが3泊で7,559円だった。

ちなみにAgodaのページには正価10,000THBとある。これは二重価格だろ。公式サイトにも5,000THBと出てる。ホテル入口ののぼりには"FROM 1,199THB"とあった…。

i Check Innは、タイの各所にチェーン展開しているホテルで、スクンビット周辺に何軒もあるようだ。

 

今回はフライトが遅れて、夜10時半過ぎにチェックイン。チェックイン時にデポジット500THBが必要。

 

i Check Inn Sukhumvit22

部屋は明るく清潔な印象。

トイレ、シャワー、エアコン、壁掛け液晶テレビ(ケーブルch)、電気ケトル、ミニバー(冷蔵庫)、FreeWiFi、クローゼット、セキュリティボックス。

鍵はカードキー。WiFiは感度良好。

アメニティは、タオル、シャンプー、ボディソープ。歯磨きセットと髭剃りは有料。

ミニバーが、ありスナックやカップ麺、冷蔵庫には各種ビールやソフトドリンクがあった。

またボトルウォーター2本は無料サービス。

i Check Inn

 

i Check Inn Sukhumvit22

ビル318,318/1 Soi Sainamthip(Sukhumvit Soi 22), Sukhumvit, Bangkok 10110, Thailand.

URL www.icheckinn.com

next予約:i Check Inn Sukhumvit22 (Agoda)

 

iCheckInn map


バンコク国際ブックフェア2017レポート

3月29日から12日間バンコクQSNCCで開催されたバンコク国際ブックフェア2017のレポート。今回は、最終日3日間の参加となった。公式発表でのべ入場者数は約180万人。

今回も時系列でレポートする。

バンコク国際ブックフェア2017

 

【4月6日】

始発電車で成田空港をめざす。香港航空を利用して香港経由でバンコクへ向かう。成田空港を早朝8時50分のフライトで飛び立ったが、香港乗継便が1時間近く遅れ、バンコク到着は夜9時、今回もブックフェア会場のQSNCC近くにホテルを予約。ホテルに到着したときは10時半を過ぎていた。今回バンコクの初飯は30THBのコンビニ弁当だった。

コンビニ弁当

 

【4月7日】

開場まもなくのブックフェア会場へ。QSNCCのフードコートで朝食を済ませ、会場を一通り見て回る。購入予定の本を物色しておおよその予算を組み立てて、午後に両替のため会場を後にする。

バンコク国際ブックフェア2017

 

夜7時頃になってから再びブックフェア会場へ。

 


ベトナム航空、クアラルンプール往復航空券ゲット

明日からバンコク国際ブックフェアが開催され、バンコクに行くための準備と気分を盛り上げていくのだが、その前に、クアラルンプール国際ブックフェア(KLIBF2017)のために航空券を物色。

KLIBFのほうは、開催期間が日本のゴールデンウィークにもろかぶるため、格安航空券の入手が困難である。とくに今回のようにまとまった連休のとりやすい年はむずかしい(ほぼ年中連休の自分が言うか)。

 

そんな中、いつものようにスカイスキャナー を使ってKLIBF開催期間中の航空券を物色。基本、ブックフェア前半かブックフェア後半、ようはゴールデンウィーク前から出発する便か、復路がゴールデンウィーク後になる便で、さらに乗り継ぎ便で3万円台前半が最安値。しかもトランジットで1泊が必要なものがほとんど。

 

いろいろ検討の結果。ベトナム航空のベトナム(往路はハノイ、復路はホーチミン)経由、クアラルンプール往復航空券をサプライスより購入。

往路は、出発はブックフェア開催の2日前の夕方で、ハノイで乗り継ぎ、1泊してクアラルンプールには夜到着。

ベトナムはビザなし入国が30日以上あいだを開けないとできないということで、復路は、ホーチミンに夜到着、日付が替わって翌日深夜便で帰国する。

価格は、スカイスキャナー上では、32,270円だったが、ちょうどサプライスのサイトに移動したら、サプライス2周年記念セール(3/22〜4/3)で5,000円割引クーポンが配布されていて、実質27,270円で購入できた(ラッキー♪)。

 

25,000円 航空運賃
3,660円 YQ:燃油サーチャージ
2,570円 SW:羽田空港使用料
100円 OI:保安・サービス料
880円 MY:KLIA旅客サービス・保安料(65MR)
60円 D8:物品サービス税(MYの6%)
32,270円 小計
▲5,000円 サプライス2周年記念割引クーポン
27,270円 総額

 

サプライスを利用するのは、はじめてなのだが、親会社はH.I.Sということもあり、購入時Pontaカードが使えるというので、残高ポイントを確認したら2ポイントしかなかった…(残念)。

 

実は、ハノイは初めてなので、どのへんに宿をとったらいいのか、これから情報を集めなければ…。

 


クアラルンプール国際ブックフェア(KLIBF2017)

来月4月27日(28日のまちがい)からマレーシア・クアラルンプールで第36回クアラルンプール国際ブックフェアが開催される。

 

会場はPWTC(Ptra World Trade Center) 。 出展ブースは905ブース。予想入場者数は250万人。
海外からの出展国は、ブルネイ、シリア、サウジアラビア、クウェート、エジプト、インドネシア、インド、シンガポール、イラン、レバノン、英国

Kuala Lumpur International Book Fair 2017 (KLIBF2017)
マレー語表記:Pesta Buku Antarabangsa Kuala Lumpur(PBAKL2017)

 

カレンダー会期:2017年4月27日(28日のまちがい)〜5月7日
壁掛時計時間:10:00〜19:00(月曜〜木曜),〜21:00(金曜~日曜)
お金入場料:無料 
URL公式サイト:kualalumpurbookfair.my 

 

KLIBF2017


 クアラルンプールブックフェアはいつも日本のG.W.と開催がかぶるので、格安航空券の入手がむずかしい。というか航空券が高い。とくに今回は連休を比較的取りやすい日程なので、隙間なく料金が高めだ。連休が割れてくれると、その谷間をうまく絡めると料金が安かったりもするのだが…。

 

昨年のバンコクブックフェア同様、クアラルンプールブックフェアも参加できなかったので、今年はぜひ参加したい…。

 

 

 

※開催日を修正しました。

×)4月27日 →〇)4月28日

ずっと勘違いしてました〜。4月27日にクアラルンプールまでやってきて気が付きました。



free counters