管理用

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

categories

archives

My Tweets

gremz

blogram


blogramのブログランキング

Price

制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版

新品価格
¥2,700から
(2015/2/25 11:54時点)

永井豪 美少女マンガコレクション Go-Go Girls! 1968-73

新品価格
¥3,024から
(2014/11/25 13:31時点)

中島かずきのマンガ語り

新品価格
¥1,296から
(2017/12/8 13:50時点)

快進撃のミュージック

新品価格
¥2,999から
(2016/8/11 13:15時点)

eチケット発券

昨日旅行代理店から連絡があって、eチケットが発券された。さっそくプリントアウト。

今回利用する航空会社はチャイナエア。格安航空券ということだったが、クラスNでマイレージが50%だけつくようだ。ただし、このクラスだと、事前座席指定のサービスが受けられない。
ここ数年、台湾旅行が増えてから、チャイナエアのマイレージプログラム、ダイナスティに入ったのだが、年内にスカイチームに加盟しちゃうんだよなぁ。スカイチームだと大韓航空のスカイパスをすでに持ってるんだよね。

台北経由シンガポール往きチケット予約

マレーシアのクアラルンプールで開催されるクアラルンプール国際ブックフェアに合わせて、今月末の台北経由シンガポール往きチケットをオンラインで予約した。47,100yenだった。

 

今回利用したオンライン予約サイトは、

 

24時間その場で回答、格安航空券が自動予約
海外格安航空券ならイーツアー!!

航空運賃の明細は、

運賃 29,200円
燃油サーチャージ&保険料 12,200円

空港使用料(SW2540,OI500)

2,540円
入出国管理税(OO550,OP420,SG960) 2,110円
手配料金 1,050円
合 計

47,100円

 

クアラルンプール往きはLCCの雄エア・アジアが羽田から飛んでいるが、プロモーションチケットでない限り、日本の格安チケットと比べ対してメリットを感じない。
チャイナエアで台北経由するのだが、同日乗継便は満席だった。公式サイトで予約すれば取れないことはないが、今回は台北に滞在したかったのもある。

成田早朝便で昼に台北に到着して翌朝早朝便でシンガポール往きのチケットがあったのだが、昨日の時点で成田早朝便が満席になってしまった。しかたないので、昼便で夕方には台北入できそうだ。台湾の震災援助に対して感謝を込めて、半日台北を満喫するつもりだ。

 

往路
24APR 14:15 NRT
CI017
16:45 TPE
乗継時間:15時間50分
25APR 08:35 TPE
CI753
13:15 SIN
 
復路
03MAY 10:25 SIN
CI752
15:10 TPE
乗継時間:1時間25分
03MAy 16:35 TPE
CI106
20:40 NRT

 

 

クアランプールへはシンガポールから高速バスを使うつもり。シンガポールからジョホールバルのラーキンバスターミナルへ移動して、そこからクアラルンプールまでは、約30RM、約4時間半で行ける。

 

クアラルンプール側のバスターミナルがチャイナタウン近くのプドゥラヤバスターミナルが改修工事で仮設のブキッジャリルバスターミナルを利用していたのだが、今年の2月で改修工事が終了したとかしてないとか…。
しかし、クアラルンプール南方方面の長距離バスターミナルが新たにバンダル・タシッ・スラタンにオープンしたらしい…。ちゃんと調べておかないと、以前プドゥラヤバスターミナルの改修工事を知らず、ヘンなとこで降りてしまったことがあるのだ…。
プドゥラヤバスターミナルのほうがチャイナタウン宿泊の場合すっごく便利でよかったのだが…。
 


ベトナムにやってきました。

HO CHI MINH


ベトナムにやってきた。日本を出発する前からバンコクにいったついでにベトナムに立ち寄ることは計画にあったのだが、今回の震災でモチベーションが一気に下がってしまい。チケットは確保せず、成り行きに任せてバンコクにやってきた。

日本から数日離れて、再びベトナム旅行のモチベーションがあがってきたので、エア・アジアのチケットをオンラインで予約し、カオサンのネット屋でEチケットをプリントして今日飛んできた。月曜の夜にチケットを予約したので、一番安いチケットで片道1960バーツだった。空港税と手数料のみでトータル5590バーツ。荷物は機内持ち込みのみ。それ以外はカオサンのゲストハウスの1日10バーツで預けてきた。座席指定もせず、保険も入らず…。土曜にはバンコクに帰る予定。

ホーチミンは今回が3度目。前回はベトナム航空でバンコク行の途中ストップオーバーで立ち寄った。そのときの残金が若干あるので、今回は空港で換金はせず、バスで市内へ向う。ガイドブックには空港で換金するより市内のほうがレートがいいとあるのだが…。

市内へは152番のバスで入る。ベトナムのカオサン、デタム通り近くで下車(所要40分程度)。
両替屋のレートを見て回るが、空港よりむしろ悪いお店が多い。1yen=250VDNのお店で1万円を換金。

続いてホテルを探す。たまたま声をかけられたミニホテルへ。トイレ、ホットシャワー、エアコン、テレビ(ケーブル)、FAN、ダブルベッド、FreeWifiで12US$。バンコクで泊まってたゲストハウスより割安だ。というわけで即決。



旅支度…。

さきの東日本大震災と原発事故、放射能物質の拡散など、この日本の窮地に日本を離れるのは心苦しいのだが、当初の予定通り、明日からはじまるバンコクブックフェアのため、本日飛行機でバンコクへ飛ぶ。そのため今から荷造りを始めてる。あいかわらず、少し荷物をまとめてはネットやったり本読んだりとだらだらと荷造りをしてる。

今回のフライトはけっこうバタバタだった。
チケットは震災前に予約していたのだが、今回は中国国際航空で羽田空港から北京経由でバンコクに往くのだが、当初予約していた便がこの震災でキャンセルとなってしまった。早朝出発して夕方までにはバンコクに到着する予定だったのだが、昼のフライトに変更になって、バンコク到着は深夜になってしまう。
 
正規割引航空券を利用していたおかげで、航空会社の方で全部手配してくれたので問題はなかった。震災直後にEチケットの確認をしたときは、北京までのチケットのみ変更されてその先のチケットが変更されてなかったので焦ってしまった。北京に着いたときにはすでに乗り継ぎ便がタイ上空を飛んでるのだ…。
 
放射能が気がかりだ。みんなを残して日本を脱出するみたいで、心苦しい…。ただ、2週間後帰国するとき、東京へのフライトがありません。とか、日本へのフライトは全部キャンセルになりました。なんてことになりませんように…。


free counters